So-net無料ブログ作成
検索選択
Kくんネタ ブログトップ

フィラデルフィア(その4) [Kくんネタ]

 おでこ父のKです、Uちゃん目当ての方には申し訳ありませんが、フィラデルフィア出張報告の続きです(前回→http://blog.so-net.ne.jp/hawaiian/2007-09-17)。

 フィラデルフィア三日目、この日は私の発表日。ホテル客室の金庫にしまってあった発表用ポスターをついに取り出し、学会会場に向かいます。発表は午後のセッション。発表形式について補足させて頂きますと、ポスター発表とは、研究概要を書いたポスターをパネルに貼り、2時間ほどそのポスターの前に立っているというものです。発表者以外は好き好きにポスターを見て回り、興味のあるものに関しては発表者とディスカッションします。私のようなぺーぺーや、敢えてこのような発表形式によって人脈を広げたい方が、ポスター発表を行います。

 まず、午前の内に、ポスターをパネルに貼っておきます。ポスターの大きさは1m×2m。折り畳んで持ち込んだ私のポスターはこの時点でしわくちゃです、予想以上に。通常は巻いて黒い筒で持ち運びするものなのですが、そんなバズーカみたいな物をこのご時世に飛行機に持ち込む勇気のなかった私が悪い。手に熱気を集中させ、何度かアイロンみたいにしてみますが、意味なし。諦めて午前のセッションに向かいます。

 昼休み、前の日のように食べるところを探すのに手間取っていたのでは、午後の発表時間に間に合いませんので、はじめから昼食は抜くつもりでした。それを見越して朝食に食べ過ぎたフィラデルフィアクリームチーズの感触が、まだ胃にたっぷり残っています。
 
 さあ、発表のはじまりです。会場はこんなかんじ。


 
外国のおっさんがいっぱいです。まず、セッションチェアと呼ばれる審査員がやってきました。
 審「簡単に説明してくれよ」
 私「かくかく、じかじか(←私の英語では「かっ.く...かくっ...じがじが」てなかんじ)」
 審「いや、わたしはそうはおもわんね」
 私「(ぐわっ)...でも、この巻数が多いからインダクタンスが大きくなるわけでして...」
疑わしそうに私のポスターを凝視するチェア。き、気まずい。すると、横で覗いていた人がチェアと談義し始めます。結局この天使の活躍によりチェアは納得。
 審「おもしろいねっ!」
といって握手をして去って行きました。やはりコミュニケーション能力が貧弱であるとせっかくの成果も台無しです。精進あるのみ。この時点で私の脇はびしょびしょ。

 ひっきりなしに客が来ます。おそらく私が隙だらけなのでしょう、こいつなら話しかけても大丈夫だろう的はオーラがでまくっていたのでしょう。たいていの客はポスターをじーっと見て自分だけで理解しようと試みます。しかし、発表者としては自分から戦いを挑むのが礼儀でしょう。しかたなく、そこに来たアジア系の若い男に話しかけます。
 私「はじめまして、何かわからないところがありますか?」
 ア「このメカニズムを教えてくれ」
私の言いたい事:そのメカニズムは現在ではまだ世界で誰にも解明されておりません。一方で、それが機器設計時に与える影響を前もって予測しておくことは、そのメカニズム解明の重要性を示唆すると共に、その分野の方々への更なる動機付けに役立つと思い、本発表を行っております。
 私の言った事「いやー、まだわからないんですよ、ははは」
なんというお粗末さ...悪いことは続きます。
 ア「いやいや、気にすることないよ。君はまだ若いし、学生でしょ?修士くらい(私の年齢の4、5歳下)」
 私「あの...申し上げにくいのですが、もう博士も卒業いたしまして...わからないと申し上げたのは、私も含め世界で誰もわからないということだったのですが...」
 ア「(絵に描いたような「しまった!」という表情で)ごめんごめん、いやー、君本当に若く見えるから、いいことだよ若く見えるのは、ははは、じゃあまた」
確かに私は、同い年の社会人よりは社会の荒波に揉まれていないため、多少お肌がつるつるですが、若く見えただけが原因でないことは明らかです、またもやコミュニケーション能力不足。

 ここまでくればまさに失うものは何もありません。残りの時間は客を捕まえてしゃべりまくります。ふっきれるのは大事ですね。「ぜひこの発表内容の論文をください」とか「うちの先生に連絡しておこうか?やとってくれるかもよ」とか「あー、おまえ覚えてるぞ、去年シアトルで発表してたよなあ、おまえの論文は額縁にいれて家に飾ってあるぞ(←アメリカンジョークか)」とか、仕事しにきたという感じです。そして終了。

 心地よい気だるさを残したホテルへの帰り道。私は海外のスーパーを見るのが好きなので、そんな感じのところに立ち寄ります。そして、自分へのご褒美。

バーガーキングでご購入。さびしい食事と思うなかれ。写真ではわかりづらいですが、ハンバーグもチーズも4枚なんですよ、クワッド何とか。メガマックより贅沢感いっぱいなのですよ!(長文駄文、最後まで読んで頂き感謝、また続くかも)


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フィラデルフィア(その3) [Kくんネタ]

 おでこ父、フィラデルフィア出張の続きです(前回→http://blog.so-net.ne.jp/hawaiian/2007-09-16)。

 ウェルカムレセプションからホテルに戻りまして、部屋に歯ブラシが無い事に気づきます。フロントに向かい、「どっかで歯ブラシをゲットできませんかねぇ?」と尋ねたら、地下の自販機に売っているということ。地下に向かいましたがうまく見つけられず、そばにいたメイドさんに聞いてみます。
 私「歯ブラシってどこですか?」
 老婆メイド「...(無視)」
 私「えくすきゅーずみー」
 老婆メイド「...(無視)」
 私「あのー」
 老婆メイド「あたしにきいとんのかね、どれどれ、ほれ、ここにあるやないの」
何回か無視されましたが、どうやらメイドさんは天下のお客様とは話さないようになっているようです。エレベーターも客が乗っていたら例外無く諦めはります。うーん、なんか気を遣ってしまいます。部屋に戻り、ベッドに転がってあることに気づきます。仰向けに寝転んだ視線の先には、あの高すぎるテレビが(前回参照)!そうか、寝ながら楽に見れるようになっていたのか。就寝。

 フィラデルフィア2日目。起床は7時。あれ、時差ぼけない、日本での生活が不規則すぎたためと考えられます。この日から学会は本格的に始まります。ともあれ、腹ごしらえ、ということでホテルに付いている朝食を頂きにロビーに向かいます。パンや果物が食べ放題です。そして、フィラデルフィアといえば、これ。

クリームチーズって美味しいけど、日本で買うと少し高いものなので、ちょっと感激です。例外無くパンはチーズまみれになり、私の胃に入ります。

 さて、一応ビジネストリップですので、本業の学会にはちゃんと出席します。発表形式には、口頭発表とポスター発表がありまして、その業界で偉くなったり有名になったりすれば、口頭発表が許されます。私は、ええ、ポスターです。

 午前のセッションが終了し、昼食をどうしようかとうろうろしていると、研究室のボスに出会います。うちのボスは個人プレーが好きらしいので、私はそのご意向に沿い、別行動を取るようにしております。飛行機もホテルも別です。ですから、ここで「出会った」のです。まあ、非常に好意的に解釈するとすれば、こうやってほっぽらかされた方が人は育ちますので、そういう狙いがあるのかもしれません。ボスの出身大学の先生と食事に出るらしく、一緒にどうかということです。こういうのは人脈を広げるためには絶好のチャンスです(本音:ごちそうになるには絶好のチャンスです)。もちろんお供します。店を探しに3人でうろうろします。中華?

中華街はどこにでもあります。恐るべき中国人。まあ、ここまで来て中華もなんなので、とうことで結局ホテルの近くのレストランにてシーフードを頂きました。ご一緒させて頂いた先生にも顔を覚えて頂き、帰りは空港まで一緒にタクシーに乗っていこうか、と言って頂きました。よし、1人ゲット。私にとってはすべて今後の就職活動なのです。

 午後のセッションも終わり、この日の夜にはイグジビターズレセプションなるものがあります。学会にはいくらかの企業が営業活動に来ており、ブースに製品を出展しております。そこで、学会参加者にお酒を飲ませて、売り込みをかけるわけです(私の理解、要確認)。というわけで、前の日のウェルカムレセプションには食べ物がいっぱいあったのですが、ここにはおつまみしかありません。構う物ですか、私はチーズにチーズにチーズにクラッカーに生野菜を頬張り、この日も一人大食い大会に挑みます。

 さて、次の日はいよいよ私の発表日、また続きます。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

フィラデルフィア(その2) [Kくんネタ]

 おでこ父のKです、前回(http://blog.so-net.ne.jp/hawaiian/2007-09-14-1)の続きです。

 空港から市街までは septa という会社の列車で向かいます。事前に得た情報によると、運賃は5.5ドル、駅のプラットホームで切符を買えるというということでしたが、自動券売機を見つけると、「本機による販売は終了しました、列車の中でお支払いを」とのこと。指示に従います。ちょうど列車が来ていたものの、行き先を確認している間に乗り過ごし、次の電車は30分後。日本と同様の蒸し暑い中待ちまして、やっと乗った列車は汚く、なんか怖そうな黒い人がいっぱいです(私と同じ学会に出席すると思われる方々はタクシーを使った模様、私はケチりました)。しばらくするとこれまた怖そうな、でかすぎる車掌がやってきました。私の席の前列に座っていた親子は、どうやら貧乏すぎて子供の運賃が払えなかった模様。怖そうな車掌は期待を裏切らずその親に猛烈に怒っていました。そんなテンションの車掌がついに私の前に立ちはだかります。
 恐米「fghjkl;jkl!?(聞き取れず)」
 怯私「...はい?」
 恐米「どこまでやねん?」
 怯私「市街まで」
 怖米「7ドルや」
 怯私「7ドル?5.5ドルでは?」
 怖私「あん?7ドルや」
 怯私「どうぞ...」
ぼったくりかと思われましたが、私の事前情報が古すぎた模様。実際、券売機ももう使われていませんでしたし。ただ、こういうことがあると疲れます。

 ともあれ、無事に市街に着きました。駅舎を出ると、おお、まあまあ街です。


あとは、ホテルに着けば一息です。早速、hachikoに作って頂いたホテルへの地図を頼りに歩き始めます。「いやー、出発前に忙しかったとはいえ、こんなのを用意して頂けるなんて幸せだなぁ」と感謝しつつ、歩けど歩けど、重い荷物を持って歩けど歩けどホテルは見つかりません。「まさか、架空のホテルに予約を入れてしまったのでは...」などと不安がよぎります。しかし、ここで頭が冴えます。「そういえば、hachikoって地図が苦手やったよなあ、地図を回したりするし。ってことはこの地図も90°回転させると...ホテルはここにあるかも」...ありました。一連のチェックインの手続きを済ませ、部屋に向かいます。


↑レトロな雰囲気はヨーロッパのホテルを思い起こさせます。


↑無難。


↑ちょっ、テレビ高!(実際一人で叫んだ)。

 この日の夜には、学会会場にてウェルカムレセプションという軽い立食があります。まだ、時間に余裕があったので、近辺を散策...寂れすぎてる。あったのは、これ。


↑セブンイレブン...

まあ、後からわかったのですが、この日は日曜日だったため、店が閉まっていて寂れて見えたようです。歩き回りましたが特に収穫も無く学会会場へ。

学会会場はマリオットでして、学会に出席する先生方はこのホテルに泊まるわけです。私は、まだペーペーですので、断念しました。学会出席の手続きを行い、レセプションへ。もちろん、このレセプションは食べることが目的のものではなく、例えば前の学会で会った人とかに「おー、久しぶりですね、あの時はどうも、あれからどうなりました?」とか話をするのが目的なのですが、私にはまだ海外にそんな事を話合える相手はおりません。逆に言えば、これからが勝負とも言えます。というわけで、気合いを入れて...一人大食い大会(スミマセン、また続きます)。


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

フィラデルフィア(その1) [Kくんネタ]

 お久しぶりです、おでこ父のKです(初登場はココ→http://blog.so-net.ne.jp/hawaiian/2007-07-23)。遅くなりましたが、簡単にフィラデルフィア出張の報告をさせて頂こうと思います。

 学会発表のための出張だったのですが、力不足&油断によって準備には出発直前まで時間を要しました。ということで徹夜(hachikoも道連れ(スミマセン))で出発となりました。旅費を節約しようと、旅程は、伊丹成田シカゴ→フィラデルフィアというように、乗り継ぎまくりです。まず、伊丹から成田。

なんと全席ビジネスクラス並のシート!「もしかして全日空ってすごい?もしかして国際線も?」なんて淡い期待を抱いていたら、成田からシカゴ。

「どよーん...」やはり世の中そんなに甘くなかったです、すごくエコノミーです、膝が前についちゃってます。しかし、徹夜が幸いし、すぐに就寝。

 さあ、シカゴに着きました。最初の難関、入国審査です。ちなみに私、英語、あいあむあえーっとレベルです。雰囲気を悪くしないようにいつも元気に挨拶するように心がけております。そのかいあってか、入国審査員も比較的にこやかです。
 米「なにしにきたん?」(10のダメージ
 私「学会発表に」(HP:90)
 米「ってことはおまえ学生か?」(20のダメージ)
 私「卒業したての研究者です」(HP:70)
 米「へー!何研究してんの?」(30回復)
 私「◯◯◯です」(HP:100)
 米『???ふーん』(50のダメージ)
無事に終わりましたが、最後の会話が弾まず、疲労蓄積(残りHP:50)。そのままフィラデルフィア行きの飛行機に乗り継ぎます。手荷物検査にて。
 米「(電子辞書を指差して)これおまえのか!?」(20のダメージ)
 私「イエス...」(HP:30)
 米「なんやこれ、なにかわかるように紙に書いてテープで貼付けとけ、わかったか!?」(30のダメージ)
 私「イエス...」(せんとうふのう)

 ともあれフィラデルフィアに着きました。空港を出てみると、

いなか...辺境...気分は晴れません(しょうもない事を書きすぎて力つきたため次回に続く)。 


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

2007−08−08 ハンバーグどど〜〜ん [Kくんネタ]

 「最近、俺の手料理を載せてくれない・・」との声がありましたので、先週末にK君が作ってくれた「これでもか、これでもかハンバーグ定食」を載せます。 ジャスコで、安いひき肉を発見した日に作ってくれました。
 カロリー?? ノン、ノン、ノン、気にしちゃだめ! こういうのは胃もたれしないうちに食べとかなきゃ・・・。 


↑目玉焼きバーグ、チーズバーグ、おろしそバーグとポテトサラダ。

 う〜ん、おなか一杯。 でも、これ以上食べきれ〜ん、っていう位、ハンバーグを食べたのは初めてだったので、幸せでした。 美味しかったよ、ありがとう(´∀`) 次は・・・腹の肉が・・・・ハンバーグに・・・

 最近は忙しさに拍車がかかってきて、朝帰りが続いているKくん父ちゃん。 朝帰ってきて、お風呂入って、10時からの「花より男子1」の再放送を見て(これは絶対見てる)、11時頃また出勤という規則正しい?生活になっています。 「(仕事先でも)ちゃんと寝てるん?」と聞きましたところ、「研究室のソーファちゃん(sofa)と浮気してるよ」だそう。 そうか、朝帰りの浮気相手は外人だったのか!! 
Kくん、お疲れさま〜。

============================
 ところで、お箸ってどのくらいから上手に使えるようになるもんなんでしょう??
 ただいま、う〜ちゃん、「エジソンのおはし」で練習中です。

ママも安心 エジソンのお箸II 右用

ママも安心 エジソンのお箸II 右用

  • 出版社/メーカー: パパジーノ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

エジソンのお箸II

エジソンのお箸II

  • 出版社/メーカー: ビリーブ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

 最初、う〜ちゃんは左利きにもかかわらず、右きき専用エジソンのおはしを購入していたのですが、ど〜も、右は難しいらしい。 で、先週末、左利き用も買ってしまいました。 もったいない・・・。 やっぱり左きき用の方が楽みたいです。 両親共に右利きだと、左手のお箸の使い方を教えるのは難しいので、「エジソン」でうまくなって欲しいんですけど・・・。 これってほんとに効くのかな?
 
 右も左も両方使えるようになったら羨ましいなぁ。 

 ある年配の方に、う〜ちゃんが食事中に「この子は、ぎっちょだね。 学校で直されるよ」って言われたことがあります。 「ぎっちょ」って・・。 その人に悪気も何もないのは重々、承知なんですが、不快な気分になりました。 今でも「ぎっちょ」って使う言葉なんでしょうか? 

 エジソンさん、よろしく頼みます。


↑がんばる・・・と。

 ちなみに今夜のご飯は、豚バラと大根の煮物、小松菜のごまあえ、なすびとみょうがのお汁、紫蘇ごはん、など。 香味野菜、大好きだ〜♪

===========================
 汚い話になりますが、う〜ちゃんunco中に

 ど〜も固く難物だったようで・・・

「オーマイ、ゴース!!!」と言っていました・・・

 え? oh, my GODか?! ど〜やらテレビにて習ったようですが、使い方あってるやん笑
 私がげらげら笑っていたので、本人、照れ笑いしてました。


nice!(7)  コメント(15) 
共通テーマ:育児

2007−07−22 父の罪ほろぼし(父、初投稿) [Kくんネタ]

はじめまして、Uの父のKと申します。最近、私の仕事の事情もありまして、生活がかなり不規則になっており、hachikoにかなりご迷惑をおかけしております。そこで、罪滅ぼしとして、今回、記事を投稿させて頂く運びとなりました。

まあ、仕事といいましても、まだまだ不安定な身分...研究成果が今後の家族の行方を左右します(泣)。ですから、多少の無理もしなくてはなりません。

例えば、今は、1回で丸3日もかかる解析を行っております。そのため、なるべくたくさんのパソコンを並行して使いたい!そんなにたくさんのパソコンが空いているのが”夜中”というわけです。そういう事情を知らない同僚は、夕方頃現れる私を見て、
「寝過ぎやろ」
とか思っているかもしれませんし、
早朝にいる私を見て、
「どうしたんすかーKさん!」
とか叫んだり。

まあ、研究室のボスには理解して頂いておりますし、業務内容が自由なので、やりたいこともやっておりますから、本人は満足しております。

とはいうものの、hachikoとUちゃんにはご迷惑をおかけしております。そこで、Uちゃんには下の動画をプレゼントということで、ご勘弁頂こうかと思っております。そのうち、hachikoも出演させたひ、ぐひひ(こんなん作る暇があるのにほんまに頑張っているのか、俺)。


nice!(5)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

2007-01-15 週末料理長レポ [Kくんネタ]

 K君の料理熱は冷めやらず、ここ最近、週末ごとに晩ご飯を作ってくれてます。 わ~い♪ 私もう~ちゃんも大喜びです。 特に、う~ちゃんは、K君と台所で一緒にお料理するのが楽しみらしい。 大きな椅子を持ってきて、父ちゃんの料理中、ず~っと傍らで眺めてます。 近頃、う~ちゃんがやけにお父さんっ子になってるのも、ちょっと関係あるのかな。

↑ 「父ちゃんと作っただよ!」(見てただけ) 今夜のメニューは、鶏肉じゃがとチキンピカタ、納豆と小松菜のお味噌汁。

 子供にとって、お父さんが料理している姿を見るっていうのは、いいことなんやろな~と思ったりします。 もうちょっと大きくなったら一緒にお父さんとお料理、っていうのもいい思い出になること確実。 多分・・。

 私のお父は、全然料理しないけど、昔作ってもらった中華料理店バイト仕込みのチャーハンは美味しかったな~。 また作ってね~(とか、ブログに書いてたら、次、里帰りした時、作ってもらえるかもしれないという期待を込めて・・ケケケ)


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

2007-01-07 あけましておめでとうございます☆ [Kくんネタ]

 新年のご挨拶、遅くなりましたが、あけましておめでとうございます

 会ったことのある方、ない方、ブログを覗いてくださっている方、どちら様も今年もよろしくお願いいたします

 普段、頻繁に会えない「う~ちゃんのおじいちゃん&おばあちゃん」や「友達」に近況報告のつもりで始めたブログですが、「見てるよ~」って言ってもらえたり、コメントを残してもらえたり・・・。 たくさんの人に支えられて、不定期ながら更新続けれてます きっとそのうち、う~ちゃんが自分の写真を使われるのを嫌がる日が来るでしょうから、その日まで続けれたらな~と思います。 今年も好き勝手に書きます

 年末年始は、12月31日からKくんの尼崎の実家にお邪魔していました。

 う~ちゃんは、NO&MM(おじいちゃん、おばあちゃん)に遊び倒してもらえるわ、私とK君はう~ちゃんを預かってもらえるわ(大阪梅田に飲みに行きました・・・)、 MMの美味しいご飯をたくさん食べれるわで、本当に義理の父母に甘えっぱなしのダメ嫁だったわけです・・・・・

 本当にNO&MMありがとうございました、そしてご迷惑おかけしました~

 しか~し、MMのご飯は本当においし~いぃ!!のです!! 実家にお邪魔すると、「MM,おいしい~」と言ってばっか。(いくつやねん・・)

 そしてどうやらKくん実家には、今は亡きおじいちゃんの秘伝レシピなるものが存在するらしいのです!! 今までおじいちゃんレシピのカレーライス、お雑煮をいただきましたが、どっちも素人っぽくない味だった・・・。 おじいちゃん、すごい!! そしてすご~く会ってみたかった・・・。

 で、そのお孫さんがね(Kくん)、またまた腕を振るってくれましたよ。

ある日の晩ご飯 その①

↑ いかのチヂミ、まぐろ丼、キムチ汁。 

ある日の晩ご飯 その②

↑ 麻婆豆腐、タラのムニエル、豚汁。 

 毎回、美味しいの作ってくれて有難いので、記事のカテゴリーに「Kくん手料理」追加してみました。 へへへ。 

 わたくしも頑張ります・・・・という訳で、正月早々、お料理本二冊購入。

いつも、ふたりで ばーさんがじーさんに作る食卓

いつも、ふたりで ばーさんがじーさんに作る食卓

 
100万人が選んだ大絶賛パスタ―COOKPAD

100万人が選んだ大絶賛パスタ―COOKPAD

  • 作者: クックパッド
  • 出版社/メーカー: 角川SSコミュニケーションズ
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本
 

nice!(2)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

2006-12-17 男子、厨房に入る [Kくんネタ]

 今日の晩ご飯は、急に「夕食作りたい病」に襲われたらしいうちのK君が作りました。 という訳で、今日は今後もたまにお料理していただくためにK君を褒め称えるブログです。

 「リクエストある~??」 と聞かれたので、ここしばらく食べていない私の元・好物、「カツ丼」をリクエストしました。(元、というのは昔ほど、お肉が好きではなくなったから) で、う~ちゃん父娘は、お買い物に行きなさった。

 K君は、超やる気まんまんだったらしく、今晩のメニューは

☆カツ丼 ☆ポテトサラダ ☆きんぴらごぼう ☆かぼちゃのお味噌汁

でした。 急に頑張りすぎやろ~~!!!!しかも、カツから揚げる、という頑張りっぷり・・・

私 「きんぴらごぼうの作り方知ってるん??」

「知らな~い、どうやって作るん?」「あ、ごぼう水にさらすの忘れてた」  な~んて感じだったんですけど、約1時間半ほどで全部完成しました

 

お味は、カツ丼すっごく美味しかったです☆ きんぴら、辛い!でもうまい!お味噌汁、かぼちゃ美味しい、ポテトサラダ、素朴な味でいいね~♪

という訳で、たくさん褒めたのでまた作ってね!!!!!!!

(欠点を挙げるとするならば、食費を考えずにメニューを立てるとこですかね~。 前回のK君の作りたい病の時は、イタリアンで、チーズやらハーブやら色々かかりましたわ(苦笑)でも、その時も美味しかったスよ)                             


nice!(2)  コメント(9) 
共通テーマ:グルメ・料理
Kくんネタ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。